お金の貸し借りは友人関係の危機に

今年の5月に学生時代から親しくしており、結婚式にもきてもらった友人から連絡が来て「10万円程貸して欲しい」と言われました。

お金が必要な理由を聞くと、熊本震災の影響で取引先からの支払いがストップしており、家賃や光熱費を支払うお金が無いとのことでした。10万円でなんとかなるのか尋ねたところ、出来れば20万貸して欲しいと言われました。

1ヶ月以内に入金の予定があること、また友人関係を信用してお金を貸しましたが未だに返してもらえていません。

友人が連絡してくるまで気長に待とうと思ったものの、SNSで楽しく遊んでいる友人を見て、7月頃にこちらから一度督促のメールを入れました。すると、直接会って返したいし、食事もご馳走したいのだが今は仕事が忙しいのでもう少し待って欲しいとのことでした。

その言葉を信じて待っていますが、9月になった今でもまだ友人からの連絡はありません。幸い私は主人が家庭を支えてくれているので生活に困ることはありませんが、独身時代に仕事をして稼いだお金の一部で私個人の貯蓄でもあるのでこのまま返してもらえない場合は、友人関係を解消したいと思いますし、その事を共通の友人達にも話そうと思っています。

両親から「どんなに親しくてもお金は貸すな。もし貸す時はそのお金をあげたと思うこと」と言われて育ってきました。でもいざ友人のピンチを聞くと助けてあげたくなるものです。なんとか今年中に友人から連絡があることを祈っております。

困った女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)