会社共同設立による詐欺被害にあいました

今から約7年位前。当時営業として普通のサラリーマン生活を行っていた時の、担当客先での出会いからでした。会社自体の経営がおかしくなる前から取引金額が少なかったため、債務には至らなかったのですが、当時勤務していた社長からM&Aが出来ないかと事で事前調査をしてほしいとの要請により未だ破産申請していなかった経緯もあることから面談、結局のところM&Aには至らなかったのですが、個人的に連絡が来るようになりました。

当時私は独立して会社を立ち上げたい思いがあり、「子会社を設立して社長をして頂きたい」との誘いに安易に乗ってしまったのが間違いでした。事前に親会社の財務状況も調べておかなければならなかったのですが、社員の給料が未払い、銀行などの残債務約1億を後で知りました。親会社の残債務への支払い責任については、すぐに親会社の社長に確認し「支払い義務は無い」と言われ信用しましたが、それも嘘だった事が子会社設立後判明。

 

幸いにも子会社への設立に対する実印及びサインはしましたが、支払い義務が必要との情報は実印を押す前で有った為、約1億円の借金は支払う事を拒否。途端にお互いの関係が崩れてしまい、即弁護士に相談し1年位かかりましたが会社を閉める事にしました。

当然子会社による準備金や弁護士費用などは自己資金にて賄いました。特にひどかったのが親会社の社長のお金の使い道でした。即黒字経営になるわけでもないのに苦労して稼いだお金を無断着服して毎日のように飲みに行っていた事も判明、やはり安易に他人を信用しては行けない事を痛感しました。

驚く男性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)