ハノイ空港内にあるある土産屋で電卓を細工していた

発展途上国ではよく詐欺などがありますが、ベトナムに初めて行った母との旅行でのことです。

ベトナムは日本と比べて物価がかなり安く、色々買い物をしました。帰国時、出国審査後に時間があったので土産屋をフラフラしていました。手元に残った現地通貨を持って帰っても使わないので、全て使い切ってしまおうと手ごろなベトナムのお菓子を買おうと思い二人で店先へ。
私が少し離れている間、母が一人で買い物をし終えて、私に報告した時におかしいと思ったのです。ベトナムのコンビニやスーパーで買える安いお菓子をいくつか買っただけで、日本円で3000円位支払っていました。

空港では物価が高いのは認識していましたが、こんなお菓子がこんなにするなんておかしいと。しかも商品に値札がついていないので、単価と購入数を計算しても全く計算が合わない。レシートももらっていないというので、私が店に抗議しました。

「どう考えても高く請求されている。金を返せ」と。そしたら向こうは電卓をたたき始め、請求した金額になると言い張ります。何度も計算がおかしいと言っても向こうは引き下がらず。向こうは手持ちの電卓で計算しても支払通りの金額になるでしょと言ってきます。もう拉致があかないので、その時は諦めましたが明らかに電卓細工していましたね。しかも本来の金額の倍位請求していました。

その後その店に行った日本人を見ていると、本人たちは気づかずやはり騙されていた。日本人からすると大した金額ではないと思うが、騙されていること自体が腹立たしい。本当に嫌な思いをしました。

空港の土産屋で買い物するときは、きちんと金額を見て事前に自分で計算してから購入することをおすすめします。もしくは空港では絶対に購入しないとか。殆どの日本人は騙されていると思うので、結局のところ泣き寝入りです。

電卓