困っていた友人に貸したお金が裏切りに使われました。

今から3年前に、親友と思っていたA子からお金を貸して欲しいとの電話がありました。電話口でワンワン泣いています。かなり切羽詰まったような状態でした。A子が落ち着いたので訳を聞いてみると、旦那に黙って借りたカードローンが返せなくて困っているとのことでした。

返済を迫る会社からの電話やハガキが絶えず、旦那にバレたら殺されると言っています。A子の旦那さんはキレると怖いのです。以前も些細なことから言い合いになり、顔面をパンチされて目を腫らしていたこともあります。怒らすと怖いということを知っていたので、見捨てる訳にはいきません。

それにA子の気持ちも痛いほど分かりました。私の父も、A子の旦那さんと同じようなタイプの人だったのです。機嫌が悪いと殴る、蹴るの暴力が酷かった。。

A子には幼い子供が2人います。その子供達のことを考えると、子供の頃の自分を思い出してしまいました。A子がカードローンをしたのも、旦那さんが生活費をくれなかったからだそうです。決して自分の欲望を満たす為にお金を借りたのではないと聞いて、余計に見捨てられなくなりました。

その時私も、直接会って顔を見てからお金を貸せばよかったのに、バカだから会わずに銀行振り込みをしてしまったのです。このことを今でも後悔しています。貸したお金は30万円です。コツコツと貯めたへそくりを貸しました。これで少しは役に立てたと満足していました。

それから半年後、別の友人からA子が離婚して、子供を置いて別の男性と行方不明になったと聞きました。その友人も私と同じようにA子にお金を貸していたみたいです。

私達から借りたお金は、別の男性と新たな生活をする為の資金だったのです。電話も解約したみたいで繋がりません。A子と子供のことを思って貸したお金が、こんな酷い裏切られ方をするために使われたと思うと悔しいです。今でも許せません。

頭かかえる女性

完全にぼったくられた!中古車屋

あれは5年前の出来事です。当時田舎から上京して3年ほど経った時でした。

どこに行くにも電車という環境にめんどくさいと思っていた僕は、とりあえず安い車を買おう!と思ったのが始まりでした。その頃は車にそこまで興味を持っているわけではなく「乗れればいいや」という感覚だったので、インターネットの中古車屋のサイトのみて車を探していました。

結構多くの人が乗ってる車はなんか嫌だったので、あまり乗ってなさそうな車を買おうと思い三菱のアイという車が目にとまりました。今では結構乗ってる人も増えてる車ですが、当時はほとんど見かけない車で形も面白かったので、そのアイを置いているさいたま市の中古車屋に行きました。

車屋に着くと営業マンが対応をしてくれて話を聞き、値段も37万円だったので即決しました。ですが、もともと車にも詳しくないのでボンネットを開けてみたり・・・などいろんな所を見ずに、話だけ聞いてその日のうちに契約をしました。

後日納車日が決まり、取りに来てくれと連絡が入ったので年末ちょうど1日だけ休みをもらえたので取りに行き、最終の手続きを終わらせて帰った時です。車屋を出て、すぐの交差点の信号の手前でいきなり車が止まったのです。

「は?」

まさしく意味がわからないという感じでした。しかし、どうしても車が微動だにせず焦った僕は契約をした時にもらった時についてきたレスキューの番号に電話しました。しばらくしてレスキューがついたので頭にきた僕は車屋に戻り怒りをあらわにしました。

しかし、担当スタッフは「おかしいですね止まらないはずです」と言い切るばかりで更に僕の怒りは上がりもう一度乗って確認してみろと言うと担当スタッフは車に乗って走って行きました。しばらくすると戻ってきましたが、「なんともなかった」と言うんです。

いきなり止まった上に何をしても動かなかったのになんともなかったはずがありません。担当スタッフは「心配でしたらもう一度検査をするので預かります」と言ってきたのですが、休みもなく来れる暇などなかったので担当スタッフを信じてその日は車を乗って家に帰りました。が、家に帰る間3回とまりました。

エンジンを切って掛け直すと動くようになったのでその動作を繰り返し、なんとか家に帰りましたが、明らかにおかしいです。心配になった僕は信頼できそうな車の修理会社を探して持って行った所、オイルが何も入ってないと言われました。そして、ローンの値段も合計が74万ほどだったんです。その時は気にしておらず細かい詳細も話されて納得してしまったんですが、修理会社の人たちが車体価格よりも多い金額に普通はこんなにならないと言われました。

後々ネットで口コミを見てみたところその会社の評価は最悪でみんな購入した人は騙されてました。先に調べて買えばよかったとすごく後悔しました。

青い車

お金にルーズな元旦那にお金を使い込まれた

私は元旦那にクレジットカードを使い込まれてしまいました。結婚していた当時、お小遣いを出すほどの余裕が無かったので、私のクレジットカードの家族カードを渡していました。万が一何かあった時にカードでどうにかできる様に持たせていたものです。

しかし、家族カードを持った事でお弁当を持たせているにもかかわらず、買い食いをしたりタバコを大量に買ったり、使うかわからない様な高額商品を買っていたりと散々使い込まれていました。

別居した時にお金を返す約束をしていましたが一切支払ってもらませんでした。支払いを遅らせてもらい返済計画を立ててカード会社に返済緩和してもらわなくてはいけなくなりました。その上車の車検代も騙し取られてしまいました。

今でも養育費などを払ってもらっていないので、支払ってもらうための調停と、車検代とクレジットカードの使用料を明細を取り寄せてまで請求していますが、全く支払う気配もありません。

トータルで50万近くですが、1人で子育てをする立場としては50万でも返して欲しいです。それができないならせめて養育費を払って欲しいですが、なかなか同意してくれず困っています。

その上、私の貯金も使い込まれて全て無くなってしまっていたので、子供のためのお金もその日暮らしで稼いでいます。

火のついたタバコ

高校時代にせこい泥棒に騙された事

高校の時に商店街にある焼鳥屋さんでバイトをしておりました。社員は一人もおらず、女性のパートさんが、責任者として任されていて、他に2名のパートさん、アルバイトは自分を含めて5名のローテーションでした。

半年程経った頃、真面目に働いていたせいか、責任者に店の鍵を貰いました。日曜日に朝からバイトをする時に、自分で店を開けて、準備をするようになったのです。昼過ぎからは、パートさんやバイトが来るのですが、それまでは一人です。

でもさすがに日曜の午前中に焼き鳥を食べる人は少なく、ほぼ客は来ません。夜になっても、常連さん以外はあまり来ませんでした。お客が店の前に立ち止まっては立ち去ります。それは何故かというと、単価が高いのです。例えばネギマ1本で180円位だったと思います。

でも、その分どのお店より美味しい焼き鳥です。ですので一度、食べてくれたお客さんは、その味を思い出すと店に来られます。実はそのお店の親会社は、大きなチェーン店です。しかしそれを知っている人は、その当時はまず居なかったと思います。

たまに、親会社のバイヤーが店を見に来ます。見に来るといっても売上をチェックする事もなく、10分程度、雑談をして帰られます。

そしてその日がやって来ました。

日曜の昼位、店には自分一人でした。そのチェーン店の名前を出して、いつものバイヤーの代わりに来たと男性が現れました。店の中には入って来ません。

内容は、キャンペーン用のディスプレイを購入して来るので、金庫から3万円出してくれと言います。売上は金庫に閉まっており、毎日店を閉める前に2人1組で、銀行の夜間のボックスに預けます。ですので、店を開けた時にはレジのお釣り分しかありません。

日曜の午前中です。1万位しか売上ないですよと伝えると、それでもいいと。足りない分は自分が出しておくからとの事。何か変だな?と思うも、そのチェーン店の名前を出す位だからと1万円を渡しました。男性は颯爽と去って行きました。昼過ぎに責任者のパートさんが来ました。

その旨を伝えると、すぐに親会社に電話を掛け始めました。そんな指示はしていないとの事。騙された!すぐに分かりました。いつものバイヤーも来て、警察も呼んで話をしました。風貌を警察に伝えました。

どうやらその辺りでは有名な小銭泥棒らしくバイヤーにも、責任者にも全く怒られる事はありませんでしたが、悔しかったですね。

どこかで見つけたら絶対に捕まえてやると誓いました。でもその後ですが、そいつの顔が新聞に載っていました。警察に捕まったのです。でも騙されたお金は戻ってきませんし、喜び半分といった感じでした。

お皿に乗った焼き鳥