コンピューターウイルス詐欺で偽ソフト3万円

知人は在宅の仕事でパソコンを使っていますが、あまりパソコンに詳しいとは言えません。ある日、プロバイダーの下請けのセキュリティ会社と名乗るとことから電話が来て「お宅のパソコンが強力なウイルスに感染していることがわかりました。このまま放っておくとパソコンが壊れるだけでなく、メールなどで他の人にも被害を広げてしまいます。」と言われました。仕事でクライアントに毎日たくさんのメールを送っている彼女はパニックになりました。

その会社は「すぐにウイルス対策ソフトを購入してください。」と言って、パソコンからあるウェブサイトに行くように彼女に指示しました。ウェブサイトは英語でよくわからなかったけれど、電話の指示通りに進んで、クレジットカードで3万円のソフトを購入しました。そしてまた指示に従ってそのソフトをダウンロードしました。

その後、彼女のパソコンは動かなくなりました。修理を頼んだのですが直らず、新しいものを買う羽目になりました。ダウンロードしたソフトが原因だったようですが、それが何だったのかわかりません。

指示した会社の電話番号を控えていたのですが、電話してもつながりません。プロバイダーに連絡したら「そんな会社は知らない」と言われました。購入したウェブサイトに行こうとすると、そのサイトは消えていました。「これは詐欺に違いない!」とここまできてわかりました。

彼女はクレジットカード会社に連絡しましたが、解決できる保証はない。もしできても外国の会社ということもあり、返金までには長い時間がかかると言われたそうです。
そんなわけでこの件はまだ解決していません。

コンピューターウィルス

友達だからといって信用してはダメ

ある日急に仲良かった友達から、10万今すぐ貸してと連絡があった。訳を聞いても、ちょっと…と言葉を濁すばかり。流石に10万という大金だった為にちゃんと理由がなければ貸したくなかった為、友達には訳を話してくれたら理由次第では貸すと話した。

すると、少し前に先輩から話があり、自分が立ち上げる会社に投資してほしいと言われ投資したとの事。既に会社を立ち上げる準備は終わっており、事務所の場所も確認済み、各書類にも目を通し、役員として自分も入ることになっているとの事。

先輩とは投資額200万で約定を結び、現在180万投資しているのだが、その投資の内訳が手持ち50万しかなかった為に130万は消費者金融から借り入れ投資をしたとの事。消費者金融からは引っ張れるだけ引っ張ったのだか、先輩からあと20万足りないんだけど、とりあえず今週中に10万あればと言われたから、お前にしか頼めなくて頼んでるという話だった。

聞いた瞬間に貸せないと判断した自分は、契約した書類を持ち即警察に行き、どういった経緯で今日まできたのかを話すべきだし、悪いけれどそんな話に載り、挙句借金をしてまでなんとかしようとした奴には1円も貸せないと断り、お金は貸さなかった。

後日わかった事だが、自分に話してきた内容自体もデタラメだった。其奴がマルチをやっていたようで、其方の返済に当てるために仲のいい友達に片っ端から声をかけていたと言うことがわかった。

また、自分以外に相談された人の中には10万は貸せないけれど1万ならと言い貸したやつも何人かいたようで、案の定逃げられた上に音信不通、未だに何処にいるかも分からず、勿論貸したお金を回収することも出来ていない。

お札を数える手

 

お金の貸し借りは友人関係の危機に

今年の5月に学生時代から親しくしており、結婚式にもきてもらった友人から連絡が来て「10万円程貸して欲しい」と言われました。

お金が必要な理由を聞くと、熊本震災の影響で取引先からの支払いがストップしており、家賃や光熱費を支払うお金が無いとのことでした。10万円でなんとかなるのか尋ねたところ、出来れば20万貸して欲しいと言われました。

1ヶ月以内に入金の予定があること、また友人関係を信用してお金を貸しましたが未だに返してもらえていません。

友人が連絡してくるまで気長に待とうと思ったものの、SNSで楽しく遊んでいる友人を見て、7月頃にこちらから一度督促のメールを入れました。すると、直接会って返したいし、食事もご馳走したいのだが今は仕事が忙しいのでもう少し待って欲しいとのことでした。

その言葉を信じて待っていますが、9月になった今でもまだ友人からの連絡はありません。幸い私は主人が家庭を支えてくれているので生活に困ることはありませんが、独身時代に仕事をして稼いだお金の一部で私個人の貯蓄でもあるのでこのまま返してもらえない場合は、友人関係を解消したいと思いますし、その事を共通の友人達にも話そうと思っています。

両親から「どんなに親しくてもお金は貸すな。もし貸す時はそのお金をあげたと思うこと」と言われて育ってきました。でもいざ友人のピンチを聞くと助けてあげたくなるものです。なんとか今年中に友人から連絡があることを祈っております。

困った女性