楽して人のお金に手をつけるなんて最低

お札やカードの入った財布社会人になって間もない頃、会社からのボーナスがでたときの話です。ボーナス全額を引き出しそれを大切にお財布へ。その日の夜は、友人との食事の約束があったので、そのまま待ち合わせの場所へ向かいました。楽しく食事を終え、帰宅。その日はもう時間も遅かったし、疲れたためそのまま布団へころがりました。

翌日。考えてもいなかったことが起こったのです。確かに夕食のお会計のときにはあったはずの財布がないのです。かばんをひっくり返して何度も何度も探しました。帰ってきたみちを戻りながら探したりもしましたが見つかりませんでした。支給されたボーナスのすべてがそこに詰まっていたということ、大切に使っていた財布だったこと、クレジットカードやらキャッシュカードやら…とにかく頭が真っ白で何も考えられず、しばらく震えがとまりませんでした。なぜ?どうして?どこで?と、いつまでも頭のなかには疑問が残りましたが、ようやく少し冷静さを取り戻し、カードや銀行関係の休止の手続きを行い、とりあえず被害の拡散は回避。と思っていたのですが…。

ショックから立ち直りきらないまま週が明け、いつもどおり会社へ出勤。すると、私に一本の電話がきました。クレジットカード会社からです。なぜ?先日の休止の手続きに何か不備でも?といろいろなことを思いながら電話に出てみると、「カードの使い方について確認したい」とのことでした。もう何がなんだかわかりません。さらに話を聞くと、私が紛失(盗難?)したと思われる時間帯(レストランで支払いをしてから翌朝までの間)に使用した形跡があるので状況確認したいとのこと。

まったく身に覚えがなかったので必死になって否定と説明をしました。当時、カードを3枚もっていたのですが、ほかの2枚も同様、その深夜の時間帯にカードが使われており、計200万近い支払いだというのです。このときばかりは本当に人生終わったかと思いました。その後もいろいろ心情的にはあったのですが、カードについては私が使ったものでないということが証明され、保証されました。

それから半年以上経ったころです。知らない電話番号からの着信です。警察署からで驚いたのですが、内容としては、「あなたの落し物が届けられている」というものでした。半年もたっていてまさか?!とは思ったのですが、財布にしか心当たりはありません。どきどきして落し物の内容を聞くと、病院の診察券や、ポイントカードの類ばかりがばらけた状態で落ちていたところを届けてくれたというのです。届けてくださった方には本当に感謝しました。届けに行くという行為は、その方の時間も労力も費やすことだからです。

しかしそれと同時に腹立たしくもありました。財布や現金・キャッシュカードにクレジットカードといったものだけを抜き取り、その人にとって不要なものだけを道端にほうって行ったということに他ならないのです。それも半年もたって、本人の中ではほとぼりが冷めたとでも思ったのでしょうか?理解に苦しみます。今でもあのとき、財布が自分の紛失なのか盗難なのかは疑問が残るところです。世の中に悪いことを考える人なんていなければいいのに。と切に願ったものです。

 

悪質なメールにはもう二度と騙されない!

今から一週間前、とある一通のメールがきっかけとなりました。私は飲み屋街に通ってたこともあり、借金も100万円あり本当にお金に困っていました。今思うとそのメールはよくある悪質な詐欺。しかし、お金に困っていた私は投資するという言葉に負けてしまいました。メールの文章に電話番号が記載されていたので、早速かけてみました。怖い男性の声でした。

話の途中ですると条件があると言われ、また携帯電話を2台新規契約してカードも作れと。約束を守れなかったら大きな問題になりますと強く言われました。怖くなって、急いでショップに行って契約してきました。契約したことを電話で話すと、次はそれを持って郵便局へ行き、ゆうパックで今から言う宛名まで送れと。怖くて必死に手続きをしました。

全ての作業が終わり、10分以内に私の口座に振り込むと言われました。銀行に行って確かめると1円も振り込まれておらず。電話にも出てくれなくなり、そこでようやく詐欺にあったと気づき、急いで警察に連絡しました。警察の方も協力して下さり、郵便物は無事に戻ってきました。その後すぐに警察へ行き長い事情聴取をうけました。

もう少しで私は犯罪者になるところだったと言われ、本当に自分は何をしてるんだろうと涙が止まりませんでした。次の日、携帯は無事に解約しました。本体は持ってても怖かったので売りました。しかし、解約手数料と2年間これから毎月本体代を支払わなくてはいけないです。携帯代が今までの2倍に…。これからは真面目に仕事をして、飲みに行かないで貯金していこうと思いました。

悪そうな人の集団

迫り来るインターネット上の恐怖。気をつけて。

前、私が務めていた会社に、ある日電話が掛かってきました。「もしもし?あのーそちらの会社に〇〇さんいらっしゃいますよね?」その時の会社の決まりとして、外線から掛かってくる電話で、直接名指しされても細かく身元を証明出来ないのであれば、電話を繋ぐことは禁止とされていたので、主に電話番をしていた私が、相手の男にそう告げると一気に逆上してきました!

「オタクの会社の〇〇さんうちからお金借りるの止めるっていうからキャンセル料払ってもらいたいんだよね!いるんだろ?早く出せや!!」借りてもいないのにキャンセル料払え!とめちゃくちゃな言い分を一方的に電話に出ている私にぶつけてきます。〇〇さんはいませんので、と一旦電話を切り、本人に確認。

すると、やはり借りようとはしたらしく、そういうサイトに自分の情報を送ってしまったらしいのです。ただ、お金を借りる前に怖くなって辞めたらしく、男がいうキャンセル料とはそこから来ているのだと理解しました。それからしばらく何度も電話を掛けてきていましたが、あまりのしつこさに腹を立てた当時の上司が、これ以上掛けてくるなら警察に相談する。〇〇は会社を辞めたのでうちはもう何も関係ない。っと伝えたところ、2度と掛かってくることはありませんでした。

本当にインターネットとは便利でもあり、恐ろしいものでもあるなぁと認識させられた出来事でした。

電話のイラスト

facebookの投稿をやめるきっかけになった出来事

私が社会人になって3年ほど経った時の出来事です。私はその頃facebookにはまっており、週に一度のペースで日常の出来事を投稿していました。閲覧は全体公開にしていたため、たまにfacebookを通して知らない人や昔の友人からメッセージをもらうことがあり、当時の私は、そうやって人脈が広がっていくのが楽しいと感じていました。

ある時、私の小学時代の知り合いの女性から「いつもfacebookみてるよ」とメッセージが届きました。いつも通り、昔の友人とこうしてまた連絡がとれて嬉しいと感じる半面、怪しい気配を感じました。なぜなら、彼女とは小学時代の同級生ではあったもののクラスは別だったし、進学した同じ中学校ではほとんど口をきいたことがなく、よく私と連絡をとろうと思ったなと感じたからです。

また、小学生だった当時から、彼女は人間関係について評判が悪く、中学を卒業してからは出家し誰も連絡をとれていないという謎に満ちた人でした。しかし、せっかくの出会いを無駄にするわけにはいかないし、投稿に対して「笑顔の投稿にいつも元気をもらっている」といった褒め言葉に気分を良くして調子にのっていた私は、彼女の誘いで私の自宅に招くことになりました。

同棲中だった部屋には、その日は私しかいませんでした。その部屋に彼女は車で訪れました。来てすぐ、自分が妊娠していること、出産費用がないこと、夫が働けないこと、親に頼れないということ、このままだと皆死してしまうということ等を持ってきた大きいバッグから様々な証拠っぽい資料や写真などを出しながら説明されました。私は当時結婚・妊娠の経験がなく、説明の内容の真偽がまったくわかりませんでした。怪しいとは思いつつも、もしこの話が本当だったら可哀想だと思いました。

普段、どんなに仲のいい友人とも金銭のやりとりだけは少額でも許さなかった私は、お金は貸せないけれど違う方法で助けると彼女に伝えました。ところが彼女は10万貸してほしいと譲らず泣きはじめたので今おろしてないから5000円しか手元にないと嘘をつきました。すると近所のコンビニでおろしてくれないかと必死に頼んできたのです。挙句の果てには、私の同居人が帰ってくるまで待って同居人に貸してもらえないかと言いはじめました。さすがに同居人に迷惑をかけるわけにはいかず、お金を渡して帰ってもらう事にしました。

私は、コンビニで5万円をおろし「返さなくていいからこれで勘弁してくれ」と説得し追い返しました。その後何度も「子どものおむつ代だけでもいいから」などと玄関口まで来てお金を借りに来た彼女ですが、その出来事から私は一切彼女の連絡には返事をせず、今は引っ越しをしfacebookをやめて、平穏な生活を送っています。

今、結婚・妊娠を経験して思い返してみると、やはり彼女はプロで彼女の話は嘘だったと確信しています。当時の私がfacebookに、充実して裕福な生活をしていることがわかるような投稿をしていたこと、人に対する警戒心が甘かったこと、結婚・妊娠の経験がなく知識が浅かったことが、私の失敗の原因だと思っています。

フェイスブックアイコン