パート仲間と思わせて夫婦で詐欺でした

施設の外観

私の友人は短大卒ですぐ結婚したので、正社員で働いたことがありません。子供大きくなってきたので、介護施設でパートとして働くことになりました。資格の勉強をしたり、同年代のママさんとランチに行ったり楽しく仕事をしていたそうです。そこに新しくパートで入ってきた10歳ほど年の離れた女性は、以前から介護の仕事をしているらしく仕事も早く、ママさんたちの急なお休みにも快く交代してくれたのですぐに仲良くなりました。

自分達の家庭の話をしたり、子供をつれてみんなで出かけたりするようになった頃、その女性の旦那さんが新しい介護施設を作るという話が出ました。もともと旦那さんは実家が老人ホームを経営していて隣県で働いているということでした。奥さんの実家の近くなのでいずれはこちらにも新しい施設をオープンさせると言ったそうです。

友人はあまり外で働いたことがないので、あまり思っていなかったようですが、ほかのスタッフからは仕事がきつい・休みが少ない・給料がやすいと不満の声があがっていて、その女性の旦那さんが経営する介護施設では仲のいい5人は契約社員として働けるとのこと。給料も月給制になり、開業のお金も出せば土地の権利者(?)にもなるので賃料が毎月少しでも入ってくると。

おかしいですよね、こうやって聞いたら。けれど友人は仲のいいパート仲間からそんなにおいしい話を聞かされたので乗ってしまいました。旦那さんに内緒でお小遣いを貯めれると吹き込まれ、自分の実家から50万円借りその女性に渡したそうです。五人で計250万円。その後、広い空き地に立っている旦那さんの写真が来たり、土地も見に行ったそうです。

ある日、急にその女性は無断欠勤をし仕事に来なくなったそうです。あわてて五人の主婦達は家族に相談し、探偵や弁護士にまで相談する大ごとになってしまいました。その夫婦は隣県でもお金の問題で夜逃げ同然で女性の実家に戻ってきていたようでした。友人はあまりにも世間知らずだったと反省していましたが、おいしい話には裏があるかもとまったく疑わなかったみたいです。仲のいいパート仲間に裏切られ、勉強になったみたいでした。

金銭トラブルは仲が良い人でも不仲に落としてしまう

うっとおしい電話のイメージ

私は妊娠初期まで働いていました。契約社員ですが、給料は正社員並みです。今の旦那と私には旦那を通じて仲良くなった旦那の同級生と彼女。2人も同時期に妊娠していました。ある日、五万貸して欲しいと言われました。私は、結婚するまで一人暮らしだったので五万は大金です。旦那には、ごめん、貸してあげてと言われました。

私はあまり乗り気ではなくて、ちょうどその日は、夜勤でした。夜勤はほぼ1人なのでやることも多くてなるべくならさっさと終わらしたかった。ですが、夜中に何度も何度も電話がかかってきてなんで貸してくれんのと。夜勤で1人なら近くのコンビニまで来いと。1人だからこそ無理ですし、何かあったら責任問題になります。断り続けて、なんとか電話を切ることができました。

仕事が終わってからも電話は鳴り続けて、もう半分疲れていたので、貸すことにしました。ここからです。連絡もとれなくなりました。私は初期で仕事を辞めたので五万なんて大金です。妊婦健診にも行きたいので、連絡もとれないからどうすることもできない。仕方なく、彼氏さんに事情を話したら、ごめん、すぐ持ってくと言われ、それで返して貰えましたが、もう信用はできないです。ある程度の距離を保ち、金銭面は貸さないと決めました。

1億円なんてもらえるわけないのに

積み上げた一万円札

6年前の春、会社のトラブルで仕事を辞めた直後、体調を崩していたこともあり、早く働きなさいという両親の言葉にうつうつとして過ごしていました。退職後は、社会保険から脱退したので、住民税も稼いだ分なので高くて、年金や国民保険料も自分で払わねばなりませんでした。本当はゆっくり休んで、ゆっくり自分に合った仕事を探したいし、忙しかった分、ちょっと遊びたいなと思っていました。

親孝行もまだできていないし、学費も返せていなかったので、宝くじでも当たったらいいなと思っていたところ、携帯電話のインターネットでお小遣いサイトを見つけました。貼りつけてあった、お金にまみれたイラストにも目が行ってしまったのだと思います。そこで、ニックネームのようなものと住所など個人情報を登録し、占いのようなものをしたあと、「おめでとうございます。1億円獲得です」といった画面が出て、どうしよう本当に当たるんだなと思ってしまいました。

その後、1日200件近い出会い系メールが1分おきに送られて来て、「1億円を渡したいのですが」といった内容でした。返事を返すと、言葉が通じていることもあれば、「今すぐ、ATMに向って下さい」と言われてかけ込んでも丁度銀行の閉鎖時間で間に合わなかったり、送金日を延長されたりと、会話がかみ合わないこともありました。

出会い系サイトから送られてくるメールで、当選した1億円も行っていない2万程度の金額が出会い系利用料にあてられており、メールを読むだけで1日で消費してしまい、コンビニでポイントを買ってメールをしていました。今はお金がかかるけど、送金されれば倍で返ってくると思ってしまいました。もはや、メールを1日中していて頭がぼーっとしてきてマヒし誰にも話せず、ショックが大きく、13万近く被害に遭いました。

返せるあてが出来てから借りろって!

お札のイラスト

ある日、あまり普段から付き合いのない知人から電話がかかってきました。「ごめん、急な話で申し訳ないんだけど明日までに10万円貸してくれないか」との内容でした。詳しく理由を聞いてみると3日前に会社をリストラされ、(本人の完全なミスらしいが)次の給料日までのつなぎの為だということでした。あまり、個人のことだし、普段から付き合いもないので最初はすぐにはYESとは言わず、少しじらしていました。しかし、家族のことや、今までの契機など色々な話をしているうちに私も同情してしまい、10万円を貸すという約束をしました。

「いつ返せんの?」「来月の○○日には絶対に返す。」ということで次の日の朝一番に相手の銀行口座に振り込みました。それから約2ヶ月後の返済期日2日前のこと。また本人から連絡がありました。「一週間だけ待ってほしい」私はまさか嘘はついていないだろうと思って最初に貸したのですが、その後のやり取りを続けていくうちに、だんだんと疑いの念を抱くようになりました。その時点で最初の返済期日から既に一ヶ月以上は経っており、しびれを切らした私は、問い詰めました。すると「昨日、10万全額返そうと思って銀行へ行く途中でお金を全額落とした」

その返答で私はもう返してもらうことをあきらめ、今後一切の付き合いをしないことを心に決めました。結局、最初に返済期日を相手が決めたことも、返すあてもなかったことも全て話してくれましたが、このようなトラブルは二度と関わりたくないのでやはり、縁を切りました。お金でもめることってホントに怖いし、お互いに嫌なことが残るんだなあと身を持って感じました。