お手伝いという名のもと、支払われない必要経費

電卓を見せる女性

ちょっとした知り合いの方から、お店のお客さんが増えたので、ちょっとお手伝いをしてほしいと頼まれました。お手伝いをするためには、そこで使う様々な小物が必要であり、そういったものは各個人で用意してもらい、あとで経費としてお支払いするということで了承していました。しかし、実際に金額を提示したところ、一言のおわびもなく、物品代は経費として支払われませんでした。

初めは知り合いの方だし、お店の経営も大変なんだろうと思い黙っていましたが、そのうち、お店で用意すべき物品についても支給されなくなってしまいました。これでは、お客様に示しがつかないと思い、思い切って相談したところ、もともと必要のないものだったということで、話をはぐらかされてしまいました。最初は、数百円単位でしたが、塵も積もればなんとやらで、総額では万単位の立て替えになってしまいました。自分への投資と思えば済む話なのか、世間で言われているブラック企業にあたるのかは分かりませんが、そのままお手伝いしていると、日常生活に直結しない不必要なグッズが増えていくだけなので、必要のないと思われるお手伝いはお断りすることにしました。

もともとサラリーマンとして勤務していたため、庶務の方が交通費など個人の立替分は月末〆で口うるさいほど確認されていたため、個人事業主の方がどのように経費を計上しているのか分かりませんが、販売する商品でもなく、お手伝いするのに必要なだけの商品をただただ個人で購入して使用するのは、なんだか府に落ちず、今でも謎なままです。