「先に代金振込」には要注意!

困った表情のパソコン

ある有名ブランドのスニーカーを買いたくて、インターネットショッピングをしようと色々なサイトで探していました。有名サイトはどこも、だいたい5~6千円しました。ブランド名から検索するうちにたどりついた1つのショッピングサイトで、他のサイトよりはるかに安い約4000円ちょっとの金額で販売されていました。

見た目は一般的なサイトと何も変わらず、1つ気になったのはサイト名がどこにも載っていないことでした。しかし時間もないし、安いからこれでいいや!と注文に進むと、「今なら1割引キャンペーン中」となっていて、代金から1割引いた金額が表示され先に指定銀行に振込し、数日のうちに発送とありました。

振込先の名前が日本人ではなく、中国人のような名前だったので怪しいなと思いながらも代金が3600円程度だったので、気軽に振り込んでしまいました。しかし「受付しました」という連絡も、もちろん「発送しました」という連絡もこないまま数日たち、おかしいなと思い、中国人らしき名前をネットで検索してみると「それは詐欺サイトです。振り込んではいけません」といった内容が書かれていました。

こういったネット詐欺は増えているようで、同じく中国人らしい別の名前でも取引されているようです。有名サイトではない場合、「代金を先に振込」は安易に信用してはいけないと思いました。そして少しでも怪しいと思ったら、詐欺サイトではないかまずはネットで検索してみることをおすすめします。

突然、実の父からお金を貸してと言われた

お札を持つ両手

20歳の頃でした。仕事中に突然父から電話がかかってきました。内容はお金を貸して欲しいとのこと。実は少し前に姉から「父に五万円貸した」と聞いていたので、今度は私に来たのか‥とかなり驚きました。正直、当時は年齢にしては貯金はある方でした。ですが、実家を出て恋人とアパートを借りて同棲していたので、余裕があるわけではありません。何より、私が自分で一生懸命貯めてきたお金ですから、もちろん嫌でした。

ですが、父が生活費に困っていると言ったので快く20万貸すことにしました。そして何故か母には絶対に言わないでくれと言われて少し謎でした。しかし、その後もまた電話がかかってきて、さらに10万、さらに20万と話をもちかけられました。そして最終的には計50万も父に渡しました。

それから少し経って、私の持病の手術が決まり、手術費や入院費も必要な状況になりました。父は「俺が出してやる」と言っていましたが、もちろんあまり信じてはいませんでした。出してくれるはおろか、私が貸してきた50万の存在なんて忘れてるかのように、時が経つだけでした。生活費に困っていると言っていましたが、どうもそんな風には見えません。

いつ実家に行っても机の上にはお菓子があり、父はタバコも酒ものみます。そんな生活をするために?と腹が立ってしまいます。いくら今まで育てて来てくれたからと言って、私としては余裕がないし、自分の生活もあるので本当に迷惑でした。困窮しているようには見えませんでしたので余計に。あれから二年経ちましたが、一向にお金の話はありません。もう二度とお金を貸すのはこりごりです。父とは距離をとって、あまり関わらないようにしていますが、いつか法テラスに相談しようと思っています。

同じ手口で3回も訪問してきた

病院の受付

私は当時眼科に勤めていました。受付業務全般を行っていたのでお会計業者への支払いなど金銭授受も日常的なものでした。お得意様へのお支払い以外の不明なものは常時上司に確認をしておりましたが、その事件の際は違いました。

詐欺師は患者様の多い混雑している時間を狙い、病院に直接来ました。背の低い中年の男性でスーツを着ていましたが何だかなよなよしていてとても清潔な感じではありませんでした。初めてお目にかかったのでご用件は何でしょうかとお伺いしたところ町内会の集金に来たと詐欺師は言いました。町内会の方は数ヶ月ごとに数千円徴収に来てくださるのですがその時はいつも徴収しに来てくださる方ではありませんでした。

不審に思った私は詳細を確認したところ、新しく駅前に作る町内看板に掲載する為にお金が必要だということでした。今聞けばおかしな話だなと気づくことはできますが当時未熟だった私は忙しさを言い訳に上司に確認することなく提示された金額を支払ってしまいました。それから月日が経ち2ヶ月後くらいですかね、何とまた同じ人物が同じ理由で徴収に来たのでした。

計画されていたものなのか最初の当事者だった私が不在の日でそのことを知っていたものがいませんでした。他の受付のものが対応したところまたも同じ手に引っかかりました。その日の後におかしいと気づいたその他のものが事実確認をしたところ詐欺ではないかということで警察に相談に行きました。翌日その経緯を伺った私はとても驚きました。まさか2回もしてやられました。それ以上に驚くことに何とまたしても数ヶ月後その詐欺師が訪れてきて、逃げた犯人を上司が取り押さえ警察に突き出しました。犯人がどうなったのかは知りませんが、取られたお金は戻ってこなかったです。