知らない会社のダイレクトメールにご注意を

不気味に笑う男性の口元

15年程前、家に一通のダイレクトメールが届きました。それは外資系企業の金融会社で低金利で融資が受けれるといった内容のものでした。ちょうどその頃は急な出費が続いていた時で、次の給与まで生活が厳しい状況でした。低金利だし来月の給与を貰って直ぐに返せば問題ないと思い、融資を受けるため電話をしました。

電話に出たオペレーターの男性は対応が良く、安心感を与えてくれる印象だったので融資の手続きを行いました。少し余裕を持って10万円の融資を受けるように手続きを行いスムーズに進み、翌日に自分の口座に振り込まれるようになりました。翌日、口座を確認してみるとお金が振り込まれていなっかたので相手方に電話をしてみると海外からの融資であるため入金するには手数料が発生しており、手数料を払っていないため入金出来ないとの事でした。

普通に考えれば振り込み手数料は相手方が負担するか融資金から手数料を引いた状態で振り込みを行えば問題ないのですが、この時は早くお金が欲しいという焦りからそのような当たり前の考えは思いつきませんでした。海外からの振り込みである為、手数料は高く、2万円掛かると言われました。お金を振り込むのに2万円も必要な状況など通常あり得ないのですが、海外からという事と2万円払っても受けれる融資の方が金額が大きい事から怪しむ事無く指定された口座に2万円を振り込みました。

しかし、自分の口座に融資金が振り込まれる事は無く、連絡しても手続きに時間が掛かっているの一点張りの回答しか貰えず、ここで初めて怪しいと感じました。 その足で直ぐに警察に向かい事情を話したところ、それは完全に詐欺の手口だと言われました。被害届を出し手数料の振り込みを行った口座の凍結を行いましたが時既に遅しで、振り込んだ手数料は既に引き出されており手元に返ってくる事はありませんでした。