情報弱者、中坊の架空請求詐欺被害

詐欺サイトのイメージ

今から10年以上前、架空請求業者の知名度、認識度が今に比べると低い時代だったと思います。当時は私は携帯を持ち始めた男子中学生でした。 当時、私の周りは携帯を持っている人は少なかったのですが、色々と多感の時期初めての彼女が携帯を持っていた事も重なり携帯を持つ事を決意しました。 彼女と下校後にメールや電話をして浮かれていました。ネットワークを利用出来る環境。 次に考える事は男子なら思い付くアダルトサイトへアクセス。私も掲示板の画像等を見ていました。

電話番号の登録等はしていなかったとは思いますが性に興味が強い時期の為、毎晩サイトを回っていました。ある晩に登録外の電話番号から着信が有りました。 登録忘れた友人かもしれないと思い、その電話に応答をしました。電話口はサイト名を名乗り、アダルトサイトに登録した代金の徴収の話。 金額は30万円、X日のX時に登録を頂きましたと具体的に仰る。 もちろん、登録した覚えは無いですが心当たりは全く無い訳では無い為、素直に自分は中学生、払えない旨を伝える。 親に相談しろと返答され、出来ない事をビビりながらも伝える。

話は一方通行で時間のみが過ぎ、痺れを切らして先方から三万円にすると提案。 このくらいなら、お年玉等で何とかなるかもと純粋に考えてしまい了承。 その後、冷静になり悩んでいると、父に顔色悪いと言われ我慢出来ず一部始終を伝え、父に携帯を渡し着信番号に電話。 数分後戻って来た父からはもう大丈夫と言われ安堵し、登録では無く、サイトに20秒アクセスした代金だったと内訳を聞かされ呆然としました。 今でも偶に父にその話で弄られます。本当に今でも後悔してます。 詐欺被害まではいかないですが、実体験した忘れたい体験談です。

連帯責任は署名人だけの問題じゃない

借金のイメージ

お世話になっている友人の両親が、親戚の事業への連帯責任欄に署名をしており、事業が失敗した親戚の代わりに返済を請求されました。返済額は詳しくは分かりませんが、他の親戚も連帯責任者になっていたのでかなり多額だったのは間違いありません。同じ連帯責任者の親戚も友人の両親も、高齢で年金暮らし、返済も多額な為、返済額には届かなかったみたいです。

足りない分のお金を集めるのは、高齢の親達に代わり子供達(友人も)で行いました。その中には自営業をしていた人もいたので知り合いの社長等に頭を下げてお金を借りに回ったそうです。友人も今まで貯めてきたお金を全て返済に回していました。それでも少し足りず私も100万円貸しています。金融機関に借りずに何とか連帯責任分の借金は返済出来たそうです。

今は出来た借金を返すために体調が心配になる位、必死に働いています。金額を気にせず散財していたのに節約を合言葉にして生活をしています。その借金で親族はギクシャクする事もあったそうですが人の有り難さ、湯水の様に使っていたお金の大切さを大金を払って学ばされたと言っていました。

私への返済もまだ残っていますがお金を貸したらあげたと思え、と教えられて来ましたので返されても返されなくてもどっちでもいいわ、と気長に構えています。今回の事は私にとっても大きな学びに繋がりました。署名した一人の問題では済まされない事、両親に連帯責任者には絶対になるなと口煩く言われて来た意味が分かりました。