アマゾンを語ったSMSでの詐欺

詐欺のイメージ「アマゾンサポートセンター」と言うところからショートメールメッセージが届きました。「有料動画の閲覧履歴が発生しております。本日中に連絡なき場合法的措置に移行します。」と書いて、最後に電話番号が書いてありました。大阪の番号でした。

法的措置と見て焦ってしまい電話をかけたところ、昨年の3月20日に有料サイトに登録しているにも関わらず1年間支払いをしていない、本日中に支払わなければ東京地裁から連絡が来るとの旨を伝えられました。値段を聞いたところ39万円、何のサイトかと聞くとアダルトコンテンツサイト、カリビアンコムとのことでした。使用した記憶がないことを伝えると、使用履歴がなければ支払いの後、5営業日以内に95パーセント返金されると伝えられました。

支払い方法を聞くと、コンビニで購入できるアマゾンカードの番号をこの電話で教えて欲しい。それに当たって注意点があり、この電話を切ると支払い意思がないと見なされ法的措置に移行してしまうので、電話を繋いだままにしなければならない。コンビニ1件に付き、5万円分までしか買えないので8件のコンビニを回らなければならない。1枚購入する度に電話先の担当マチダさんに話しかけて、アマゾンカードの番号を伝えて欲しい。

またコンビニでアマゾンカードを使った詐欺がありますが大丈夫ですか?と聞かれるが、大丈夫と答えて購入して欲しい。最後に、守秘義務があるため返金があるまでは家族を含め誰にも話してはいけない。とのことでした。そこまで説明を受けて、車でコンビニを回る準備をしました。本当に馬鹿でした。。

パート仲間と思わせて夫婦で詐欺でした

施設の外観

私の友人は短大卒ですぐ結婚したので、正社員で働いたことがありません。子供大きくなってきたので、介護施設でパートとして働くことになりました。資格の勉強をしたり、同年代のママさんとランチに行ったり楽しく仕事をしていたそうです。そこに新しくパートで入ってきた10歳ほど年の離れた女性は、以前から介護の仕事をしているらしく仕事も早く、ママさんたちの急なお休みにも快く交代してくれたのですぐに仲良くなりました。

自分達の家庭の話をしたり、子供をつれてみんなで出かけたりするようになった頃、その女性の旦那さんが新しい介護施設を作るという話が出ました。もともと旦那さんは実家が老人ホームを経営していて隣県で働いているということでした。奥さんの実家の近くなのでいずれはこちらにも新しい施設をオープンさせると言ったそうです。

友人はあまり外で働いたことがないので、あまり思っていなかったようですが、ほかのスタッフからは仕事がきつい・休みが少ない・給料がやすいと不満の声があがっていて、その女性の旦那さんが経営する介護施設では仲のいい5人は契約社員として働けるとのこと。給料も月給制になり、開業のお金も出せば土地の権利者(?)にもなるので賃料が毎月少しでも入ってくると。

おかしいですよね、こうやって聞いたら。けれど友人は仲のいいパート仲間からそんなにおいしい話を聞かされたので乗ってしまいました。旦那さんに内緒でお小遣いを貯めれると吹き込まれ、自分の実家から50万円借りその女性に渡したそうです。五人で計250万円。その後、広い空き地に立っている旦那さんの写真が来たり、土地も見に行ったそうです。

ある日、急にその女性は無断欠勤をし仕事に来なくなったそうです。あわてて五人の主婦達は家族に相談し、探偵や弁護士にまで相談する大ごとになってしまいました。その夫婦は隣県でもお金の問題で夜逃げ同然で女性の実家に戻ってきていたようでした。友人はあまりにも世間知らずだったと反省していましたが、おいしい話には裏があるかもとまったく疑わなかったみたいです。仲のいいパート仲間に裏切られ、勉強になったみたいでした。

1億円なんてもらえるわけないのに

積み上げた一万円札

6年前の春、会社のトラブルで仕事を辞めた直後、体調を崩していたこともあり、早く働きなさいという両親の言葉にうつうつとして過ごしていました。退職後は、社会保険から脱退したので、住民税も稼いだ分なので高くて、年金や国民保険料も自分で払わねばなりませんでした。本当はゆっくり休んで、ゆっくり自分に合った仕事を探したいし、忙しかった分、ちょっと遊びたいなと思っていました。

親孝行もまだできていないし、学費も返せていなかったので、宝くじでも当たったらいいなと思っていたところ、携帯電話のインターネットでお小遣いサイトを見つけました。貼りつけてあった、お金にまみれたイラストにも目が行ってしまったのだと思います。そこで、ニックネームのようなものと住所など個人情報を登録し、占いのようなものをしたあと、「おめでとうございます。1億円獲得です」といった画面が出て、どうしよう本当に当たるんだなと思ってしまいました。

その後、1日200件近い出会い系メールが1分おきに送られて来て、「1億円を渡したいのですが」といった内容でした。返事を返すと、言葉が通じていることもあれば、「今すぐ、ATMに向って下さい」と言われてかけ込んでも丁度銀行の閉鎖時間で間に合わなかったり、送金日を延長されたりと、会話がかみ合わないこともありました。

出会い系サイトから送られてくるメールで、当選した1億円も行っていない2万程度の金額が出会い系利用料にあてられており、メールを読むだけで1日で消費してしまい、コンビニでポイントを買ってメールをしていました。今はお金がかかるけど、送金されれば倍で返ってくると思ってしまいました。もはや、メールを1日中していて頭がぼーっとしてきてマヒし誰にも話せず、ショックが大きく、13万近く被害に遭いました。

悪質なメールにはもう二度と騙されない!

今から一週間前、とある一通のメールがきっかけとなりました。私は飲み屋街に通ってたこともあり、借金も100万円あり本当にお金に困っていました。今思うとそのメールはよくある悪質な詐欺。しかし、お金に困っていた私は投資するという言葉に負けてしまいました。メールの文章に電話番号が記載されていたので、早速かけてみました。怖い男性の声でした。

話の途中ですると条件があると言われ、また携帯電話を2台新規契約してカードも作れと。約束を守れなかったら大きな問題になりますと強く言われました。怖くなって、急いでショップに行って契約してきました。契約したことを電話で話すと、次はそれを持って郵便局へ行き、ゆうパックで今から言う宛名まで送れと。怖くて必死に手続きをしました。

全ての作業が終わり、10分以内に私の口座に振り込むと言われました。銀行に行って確かめると1円も振り込まれておらず。電話にも出てくれなくなり、そこでようやく詐欺にあったと気づき、急いで警察に連絡しました。警察の方も協力して下さり、郵便物は無事に戻ってきました。その後すぐに警察へ行き長い事情聴取をうけました。

もう少しで私は犯罪者になるところだったと言われ、本当に自分は何をしてるんだろうと涙が止まりませんでした。次の日、携帯は無事に解約しました。本体は持ってても怖かったので売りました。しかし、解約手数料と2年間これから毎月本体代を支払わなくてはいけないです。携帯代が今までの2倍に…。これからは真面目に仕事をして、飲みに行かないで貯金していこうと思いました。

悪そうな人の集団

facebookの投稿をやめるきっかけになった出来事

私が社会人になって3年ほど経った時の出来事です。私はその頃facebookにはまっており、週に一度のペースで日常の出来事を投稿していました。閲覧は全体公開にしていたため、たまにfacebookを通して知らない人や昔の友人からメッセージをもらうことがあり、当時の私は、そうやって人脈が広がっていくのが楽しいと感じていました。

ある時、私の小学時代の知り合いの女性から「いつもfacebookみてるよ」とメッセージが届きました。いつも通り、昔の友人とこうしてまた連絡がとれて嬉しいと感じる半面、怪しい気配を感じました。なぜなら、彼女とは小学時代の同級生ではあったもののクラスは別だったし、進学した同じ中学校ではほとんど口をきいたことがなく、よく私と連絡をとろうと思ったなと感じたからです。

また、小学生だった当時から、彼女は人間関係について評判が悪く、中学を卒業してからは出家し誰も連絡をとれていないという謎に満ちた人でした。しかし、せっかくの出会いを無駄にするわけにはいかないし、投稿に対して「笑顔の投稿にいつも元気をもらっている」といった褒め言葉に気分を良くして調子にのっていた私は、彼女の誘いで私の自宅に招くことになりました。

同棲中だった部屋には、その日は私しかいませんでした。その部屋に彼女は車で訪れました。来てすぐ、自分が妊娠していること、出産費用がないこと、夫が働けないこと、親に頼れないということ、このままだと皆死してしまうということ等を持ってきた大きいバッグから様々な証拠っぽい資料や写真などを出しながら説明されました。私は当時結婚・妊娠の経験がなく、説明の内容の真偽がまったくわかりませんでした。怪しいとは思いつつも、もしこの話が本当だったら可哀想だと思いました。

普段、どんなに仲のいい友人とも金銭のやりとりだけは少額でも許さなかった私は、お金は貸せないけれど違う方法で助けると彼女に伝えました。ところが彼女は10万貸してほしいと譲らず泣きはじめたので今おろしてないから5000円しか手元にないと嘘をつきました。すると近所のコンビニでおろしてくれないかと必死に頼んできたのです。挙句の果てには、私の同居人が帰ってくるまで待って同居人に貸してもらえないかと言いはじめました。さすがに同居人に迷惑をかけるわけにはいかず、お金を渡して帰ってもらう事にしました。

私は、コンビニで5万円をおろし「返さなくていいからこれで勘弁してくれ」と説得し追い返しました。その後何度も「子どものおむつ代だけでもいいから」などと玄関口まで来てお金を借りに来た彼女ですが、その出来事から私は一切彼女の連絡には返事をせず、今は引っ越しをしfacebookをやめて、平穏な生活を送っています。

今、結婚・妊娠を経験して思い返してみると、やはり彼女はプロで彼女の話は嘘だったと確信しています。当時の私がfacebookに、充実して裕福な生活をしていることがわかるような投稿をしていたこと、人に対する警戒心が甘かったこと、結婚・妊娠の経験がなく知識が浅かったことが、私の失敗の原因だと思っています。

フェイスブックアイコン

アイドルコンサートで、チケット詐欺

まだ中学生の頃まだガラケーの時代でしたが、ネットも発達し私もそれなりに使いこなしていました。当時、ジャニーズが大好きで、コンサートによく行っていたので、ファンクラブにも入り必要分だけチケットを購入していました。

しかしそんな中、いつも一緒に行っている友達でない子から「私もコンサートに連れて行って!」と言われ、チケットを探すことにしました。その頃は、自分たちで発行できるメールマガジンが流行っており私も発行していましたし購読もしていました。チケットの売買の情報もそこに掲載され、書いてあるアドレスに連絡し、行われることが多くありました。

私もそれを利用しチケットを売っている方にメールをし、連絡がつきついに購入することに!ここからは、顔も知らない相手ですので、信頼関係だけが頼りになります。そこまで高額のチケットでもなかったため、私は安心してお金を振り込んでしまいましたが、一向にチケットは送られてきませんでした。

怖くなり、何度も確認しましたが、音信不通。結局それは詐欺だということがわかりました。コンサートにも行けず、悲しかったですが、これは自分が悪かったし勉強になったな。と思いもうそれ以降信用出来ない相手からは買っていません。

男性アイドルグループ

お金、それは正常芯を麻痺させる怖いもの

それは週末の新聞に挟まれている折り込み広告の求人欄を掲載しているチラシに載っていました。他社に借り入れがあっても250万円を貸してくれる、という内容。その当時私は多額の借金でクビが回らなくなりつつありました。まさしく、その記事が救いの神に思えたのです。平常心があれば怪しいものと感じるはずの記事なのに。

記載されている電話番号に連絡して借り入れの希望を伝えるとまずは大手の、よく知る消費者金融に行くように指示され、そこで借り入れの手続きをしました。いくらその当時総量規制がない時代とは言え、あまりにスムーズに借り入れが進んだのは不思議でなりませんでした。

それでも気持ちがあせっていたのでしょう。手続き完了後、即座に借り入れをし、そのお金を指定の郵便局から振り込みをしろと指示がありました。即座に振り込みをし、次の指示があるとまた同様に借り入れをし、振り込みをしろと言う。私は指示に従い、これでお金を手配してくれるものと期待していました。

翌日その業者の電話番号に連絡してみるともう、もぬけの殻。その電話番号は使用されていないコメントがむなしく流れ、私はそこで騙されたことに呆然としました。ここまで書いていてなぜ、こんな簡単なからくりに気が付かなかったのか赤面してしまいます。お金は人間の心の機能を麻痺させることなんて簡単な事なんだと痛烈に感じた辛い出来事でした。

詐欺の電話相手のイメージ

脱毛を無料体験した時にあった詐欺

繁華街を歩いていた時のことです。信号待ちをしていると、「今、大丈夫ですか?もしお時間があれば無料体験してみませんか?」とチラシを渡されました。そこには、ワキ脱毛の無料体験と書いてありました。特に予定のなかった私は、脱毛にも興味があったので声をかけられた方と少し話をしました。「本当にお時間はいただきませんので、ぜひお店に来てください。」と半ば強引に手をひかれお店へ案内されました。

ワキ脱毛を無料体験し終わると、「他にも気になる箇所はありませんか?全身脱毛、今日中に契約してくれたら半額になります!」と言われ何度か断ったのですが、なかなか帰してくれず結局、少しやってみたい気持ちもあったのでローンの契約をしてしまいました。

それからお店に通いはじめたのですが、1ヶ月ほどたったくらいから予約がなかなか取れなくなりました。2週間に1回ほどのペースで通うよう説明されたのですが結局予約が全然とれずに2ヶ月ほど空きました。そして2ヶ月後お店に行くと、「来月でこの店舗は閉店しますので次からはこちらの店舗までおこしください。」と突然言われました。しかしその店舗は、通っていた店舗から3つほど県をまたぐところにありました。通えるはずもありません。

急に言われても困りますし、通えないから残りの脱毛の金額を返金してほしいと言ったのですが「無理です。」の一点張り。それから1ヶ月後、本当にそのお店はなくなっていました。どうしても納得できず、店舗の名刺に記載してあった電話番号に電話をしたのですが繋がらず、住所を検索してみるとそこの住所にはコンビニがありました。名刺は全部デタラメでした。

結局、脱毛は無料体験を含めて3回しか施術していないのに48万円失ってしまいました。今考えると美容脱毛の半額で48万円て全然安くないですよね。それからは、街中で声をかけられてもイヤホンで音楽を聴いているふりなどをして避けるようになりました。

エステを受ける女性

布団クリーニングが40万超の掃除機に

ある日自宅の電話に、見知らぬ中年女性から「2000円で布団クリーニングのサービスを行っていますが、いかがですか」と人懐こい声で営業の申し入れがありました。ちょうど生まれて半年の長女のアトピーが気になっていた時だったので、二つ返事で来ていただく約束をした所、一台の掃除機抱えた男性が上がり込んで来ました。

「何かお間違えでは?布団クリーニングをお願いしたのですが」と言っても、ニコニコしたまま「はい。その通りです。」とテキパキとそのクラシカルな掃除機に黒い布をセットして、我が家の布団を吸引しだしました。怪訝な顔をしている私に、一通り吸い終わった黒い布をひろげてみせ、「ほら、これがホコリの中にかくれたダニの死骸です」ともっともらしく言いました。

こちらがひるんだ所に「今購入されたらクリーニング代の2000円はサービスさせていただきます。この掃除機のホースはナサの宇宙服と同じ素材を使用しているのでとても丈夫で、何より排気がクリーンなので吸い込んだホコリを最排出しません。この技術は現在日本では我が社のみで、アトピっ子のお母様たちから絶大な信頼をいただいております。」と一気にたたみかけて来ました。アトピーにはこの掃除機があれば大丈夫!他の掃除機ではかえって空気を汚している、と1時間以上洗脳されているうちに、ふらふらと契約書にサインさせられていました。

三年のローンで合計は40万超です。付属の紙パックの購入先もあることから、つい信頼してしまいましたが、その後数回パックを購入したものの、いつの間にかその会社はなくなり、ナサ使用のはずの本体も簡単に破損してしまいました。私一人の時なら主人に怒られてクーリングオフしていた所ですが、夫婦ですっかり洗脳されてしまっていたので、お互いをせめられず、キャンセルするタイミングを失ってしまっていました。

よく考えると中古の軽自動車と同じ値段の掃除機などあり得ないのに、こちらの弱みにつけこむ巧みな話術に、簡単に騙されるものなのだと、高い授業料を払って学びました。

掃除機

新居に合う家具の購入で詐欺に

結婚して2年、夢のマイホームを買うことができました。とても浮かれていて、食器棚からベッド、ソファ、ダイニングテーブルなど、今まで使っていた家具も一新することにしました。家がなかなか大きな買い物でしたが、やはり新しい家にはその雰囲気に合う家具が欲しくなるものです。大手家具屋から通販までも隅々まで探して決めることにしました。

そしてとてもいい食器棚をネットで見つけることができ、10万円とまずまずの金額だったので、購入することにしました。料金が先払いだったのですぐに入金、そして1週間後に送られてくるとのことだったので楽しみに待ちました。しかし、1週間後なってもなんの連絡も来ません。

不安になって注文したサイトを開いてみると、なんとサイトが表示されなくなっていました。何度やってもエラーになり、詐欺だったことに気がつきましたが、気づいた時には支払った後で、取り返すこともできません。どこに泣きつくこともできず、別のサイトで買うことにしました。大金が一瞬にしてなくなってしまってとても悔しく、浮かれ気分も吹き飛びました。

食器棚