友達だからといって信用してはダメ

ある日急に仲良かった友達から、10万今すぐ貸してと連絡があった。訳を聞いても、ちょっと…と言葉を濁すばかり。流石に10万という大金だった為にちゃんと理由がなければ貸したくなかった為、友達には訳を話してくれたら理由次第では貸すと話した。

すると、少し前に先輩から話があり、自分が立ち上げる会社に投資してほしいと言われ投資したとの事。既に会社を立ち上げる準備は終わっており、事務所の場所も確認済み、各書類にも目を通し、役員として自分も入ることになっているとの事。

先輩とは投資額200万で約定を結び、現在180万投資しているのだが、その投資の内訳が手持ち50万しかなかった為に130万は消費者金融から借り入れ投資をしたとの事。消費者金融からは引っ張れるだけ引っ張ったのだか、先輩からあと20万足りないんだけど、とりあえず今週中に10万あればと言われたから、お前にしか頼めなくて頼んでるという話だった。

聞いた瞬間に貸せないと判断した自分は、契約した書類を持ち即警察に行き、どういった経緯で今日まできたのかを話すべきだし、悪いけれどそんな話に載り、挙句借金をしてまでなんとかしようとした奴には1円も貸せないと断り、お金は貸さなかった。

後日わかった事だが、自分に話してきた内容自体もデタラメだった。其奴がマルチをやっていたようで、其方の返済に当てるために仲のいい友達に片っ端から声をかけていたと言うことがわかった。

また、自分以外に相談された人の中には10万は貸せないけれど1万ならと言い貸したやつも何人かいたようで、案の定逃げられた上に音信不通、未だに何処にいるかも分からず、勿論貸したお金を回収することも出来ていない。

お札を数える手

 

お金の貸し借りは友人関係の危機に

今年の5月に学生時代から親しくしており、結婚式にもきてもらった友人から連絡が来て「10万円程貸して欲しい」と言われました。

お金が必要な理由を聞くと、熊本震災の影響で取引先からの支払いがストップしており、家賃や光熱費を支払うお金が無いとのことでした。10万円でなんとかなるのか尋ねたところ、出来れば20万貸して欲しいと言われました。

1ヶ月以内に入金の予定があること、また友人関係を信用してお金を貸しましたが未だに返してもらえていません。

友人が連絡してくるまで気長に待とうと思ったものの、SNSで楽しく遊んでいる友人を見て、7月頃にこちらから一度督促のメールを入れました。すると、直接会って返したいし、食事もご馳走したいのだが今は仕事が忙しいのでもう少し待って欲しいとのことでした。

その言葉を信じて待っていますが、9月になった今でもまだ友人からの連絡はありません。幸い私は主人が家庭を支えてくれているので生活に困ることはありませんが、独身時代に仕事をして稼いだお金の一部で私個人の貯蓄でもあるのでこのまま返してもらえない場合は、友人関係を解消したいと思いますし、その事を共通の友人達にも話そうと思っています。

両親から「どんなに親しくてもお金は貸すな。もし貸す時はそのお金をあげたと思うこと」と言われて育ってきました。でもいざ友人のピンチを聞くと助けてあげたくなるものです。なんとか今年中に友人から連絡があることを祈っております。

困った女性

困っていた友人に貸したお金が裏切りに使われました。

今から3年前に、親友と思っていたA子からお金を貸して欲しいとの電話がありました。電話口でワンワン泣いています。かなり切羽詰まったような状態でした。A子が落ち着いたので訳を聞いてみると、旦那に黙って借りたカードローンが返せなくて困っているとのことでした。

返済を迫る会社からの電話やハガキが絶えず、旦那にバレたら殺されると言っています。A子の旦那さんはキレると怖いのです。以前も些細なことから言い合いになり、顔面をパンチされて目を腫らしていたこともあります。怒らすと怖いということを知っていたので、見捨てる訳にはいきません。

それにA子の気持ちも痛いほど分かりました。私の父も、A子の旦那さんと同じようなタイプの人だったのです。機嫌が悪いと殴る、蹴るの暴力が酷かった。。

A子には幼い子供が2人います。その子供達のことを考えると、子供の頃の自分を思い出してしまいました。A子がカードローンをしたのも、旦那さんが生活費をくれなかったからだそうです。決して自分の欲望を満たす為にお金を借りたのではないと聞いて、余計に見捨てられなくなりました。

その時私も、直接会って顔を見てからお金を貸せばよかったのに、バカだから会わずに銀行振り込みをしてしまったのです。このことを今でも後悔しています。貸したお金は30万円です。コツコツと貯めたへそくりを貸しました。これで少しは役に立てたと満足していました。

それから半年後、別の友人からA子が離婚して、子供を置いて別の男性と行方不明になったと聞きました。その友人も私と同じようにA子にお金を貸していたみたいです。

私達から借りたお金は、別の男性と新たな生活をする為の資金だったのです。電話も解約したみたいで繋がりません。A子と子供のことを思って貸したお金が、こんな酷い裏切られ方をするために使われたと思うと悔しいです。今でも許せません。

頭かかえる女性

お金にルーズな元旦那にお金を使い込まれた

私は元旦那にクレジットカードを使い込まれてしまいました。結婚していた当時、お小遣いを出すほどの余裕が無かったので、私のクレジットカードの家族カードを渡していました。万が一何かあった時にカードでどうにかできる様に持たせていたものです。

しかし、家族カードを持った事でお弁当を持たせているにもかかわらず、買い食いをしたりタバコを大量に買ったり、使うかわからない様な高額商品を買っていたりと散々使い込まれていました。

別居した時にお金を返す約束をしていましたが一切支払ってもらませんでした。支払いを遅らせてもらい返済計画を立ててカード会社に返済緩和してもらわなくてはいけなくなりました。その上車の車検代も騙し取られてしまいました。

今でも養育費などを払ってもらっていないので、支払ってもらうための調停と、車検代とクレジットカードの使用料を明細を取り寄せてまで請求していますが、全く支払う気配もありません。

トータルで50万近くですが、1人で子育てをする立場としては50万でも返して欲しいです。それができないならせめて養育費を払って欲しいですが、なかなか同意してくれず困っています。

その上、私の貯金も使い込まれて全て無くなってしまっていたので、子供のためのお金もその日暮らしで稼いでいます。

火のついたタバコ

「次の給料日で返すから」は絶対ウソ!

会社スタッフ複数名と競馬に行く約束があり向かう途中で、「実は持ち合わせがないので30,000円貸してほしい」と言われ他のスタッフも現地で待っているわけで仕方がなく貸しました。「借りてまで競馬をするな」と言いながらも当日のことで仕方もなく給料日での返済を約束しました。

給料日が来ても支払いがキツイと返却を先延ばしにされ、数か月間給料日になるたびに催促をするも返済なし。プライベートではなく会社つながりということもあり社内で事を荒げるのも気が引けたので強気な回収には至らずのまま時間だけが過ぎていきました。
その後当人は会社とのトラブルにより退職を余儀なくされ退職時点でも返金はなし。
こちらとしては当然逃がすわけもなくLINE連絡をするも既読にならず何度か電話を掛けるとやっとつながりました。
相手の開口一番「なんですか?」の一言。会社を辞めており既に関係なくなっていたこともあり、一気に怒りが頂点に達した自分は返却に関しての声を荒げて返却の催促をすると、逆ギレにより罵声のオンパレードでした。
最後にはこの落とし前どうするんやと30,000円は返すが、今回の件に関して慰謝料100,000円もらうと意味不明なことを言っており、「今から仲間を連れていくから待っとけ」と中学生の相手をしているような脅し文句。当然そのような脅しに負けるわけもなく待ち合わせ場所と時間を決めたが、結局本人は現れずその後はLINEだけではなく電話にも出なくなりました。
たかが30000円かもしれません。しかし金額ではなくお金が返ってこない悲しさにプラスして、やり場のない怒りを負うことになってしまいました。この怒りはいまだに解消されません。

白い馬の写真

友達にお金を貸したことで疎遠に・・・

私はむかしよく一緒にいた女友達に結構な頻度でお金を貸していました。
最初のうちはちょっと足りないから貸して、という500円から1000円程度のものでしたが
だんだん額が増えていき、「クレジットカードの支払いができない、催促されているから5万円貸して欲しい」というところまでエスカレートしました。
このときに貸さなければよかったと思いますが、本当に暗い顔の友達に同情してしまいお金を貸してしまいました。でもそれで味をしめたのか、1万円くらいの額を平気で借りにくるように。
結局ちりも積もった額は20万円ほどになってしまいました。
これはいけないと思いつつもなかなか返してと言い出せずにいましたが、
ようやく言い出せたきっかけが私自身の結婚式でのことでした。
仲が良いのでもちろん招待しましたが、なんとお金がないから貸して、と。
どこの結婚式でご祝儀を新婦に借りる人間がいるのでしょう。もうこれには頭にきてしまい、今まで貸していた分のお金を分割でも良いから返して欲しいと伝えました。
しかし、伝えてしばらくたったころから連絡がとりにくくなりだんだんと疎遠に。
あの時お金貸していなければトラブルになることもなく、今も友情関係が続いていたのかもしれないと思うと後悔ばかりです。

困った女性

ゲーム仲間に裏切られ、お金を取り戻すまで苦労した話

とあるオンラインゲームのオフラインイベントが東京で行われることになり、それに合わせてチームメンバーでオフ会をしようという話になりました。5名ほどがオフ会に参加することになったのですが、その中の一人Aさんが、オフ会当日に財布を無くしてしまいました。
Aさんは福岡から来た人で、予約したホテルの代金が支払えないことや帰りの飛行機の代金がないという事態に陥ってしまったのです。そのため私を含めた4名で1万円ずつ、合計4万円をAさんに貸しました。帰ったら返すとのことでした。
オフ会が終わり数日経過し、まだ口座に入金がないので話を聞くと「お金に余裕がないので給料日まで待って欲しい」と言われました。財布を無くしてしまったのだから仕方ないと私とチームメンバーは了承、給料日である25日まで待つことにしました。
ところが、25日になってもお金が振り込まれません。それどころかAさんはゲームをやめてLineも私たちをブロックしてしまいました。連絡手段が取れなくなったということは裏切られたということで、私達は怒りました。
ゲーム内の共通の知り合いに声をかけて情報を探していると、Aさんのリアルでの友達が発覚したので、彼に事のあらましを説明。彼がAさんの実家の住所と電話番号を提供してくれたので実家に電話をし、Aさんの親に説明。

親から私達に謝罪と送金がありましたが、Aさんからの謝罪はありませんでした。いくらゲーム上で仲がよくても、リアルでの繋がりがなければ気軽に縁を切れる関係だということを認識したと同時に、身元の分からない人にお金を気軽に貸してはいけないと強く思いました。

お札がはみ出てる財布

親子間の貸し借りは、悲惨な結果をうみます。

私達夫婦は、3年前に起業して事業を営む事にしました。
最初は、創業支援での借入で、まかまっていましたが、1年をたったとき、顧客開拓をしていくのになかなか苦労し、貯金をも使って経営を維持させていました。
そんな時、少し大きな仕事の依頼が半年後にはいってきたので、それを返済にあてる、という条件をだし、主人の両親から、400万円の借金をしました。借入する時も、親ではありましたが、きちんと、借用書を作成し、私達自身も、借入の事をうやむやにしないように律していきました。
ただ、父はだまって貸してくれましたが、母が、母の実家も商売をしていて、祖父が、なかなかのやり手だったらしく、主人が子供のころから「社長になれ」とずーと、言い続けたひとなので、貸してはくれたものの、その変わりに経営に口を挟むようになりました。とにかく、やかましく、暇さえあれば、「今から行く」と。
これも、お金を借りているから仕方ない、と、思うようにしていました。とにかく何とか早くお金を返せないか、と50万円づつまとめて返していく予定でしたが、毎月3万円づつ返そうと、大口仕事が決まる前から、振込みを始めました。
正直、借入したのは厳しい状況を打破するため、だったのですが、お金だけではなく精神的にも追い込まれていきました。やっぱり貸してもらった、という負い目もあるので、なかなか母にはっきり言えないまま、毎日のように電話がありどんどんエスカレートして行きました。
さすがに、主人も怒りが爆発し、現在は返済は毎月しているものの、親子の縁をきりました。
今思うと、親から借金するのは比較的簡単にできますが、他人さんのほうが規律があって上手くいくのだな、とつくづく思っています。

うるさいおばさん

帰ってきた一万円は私の財布から!?

昔、私がアルバイトをしていたお店で、とても金遣いの荒いブランド品大好きな同期の女の子がいました。

いつも通り働いていると携帯画面を見せられ「どうしてもこのバッグがほしいんよ!でもこれ期間限定で今週で販売終了になるらしくて。買いに行きたいけどあと3万円足りないんよ…親にはもう20万くらい借りててもう貸してくれなくて。給料日が来たらすぐに返すから3万円貸して!お願い!」と言われ、迷いましたが給料日まであと10日ほど。給料日がきたらすぐ返してくれるなら信頼しているし、まあいいか。と3万円を貸してしまいました。

そして給料日。
3万円を貸した同期の女の子に「給料日きたよ!あたしも今月結構キツイから返して」と言うと、「ごめん1万円ずつ分割で返してもいい?」言われ「え!?!?」と言いつつもお金ないんだな…と思い分割返済を了承しました。

「ありがとう!更衣室から取ってくるから待ってて!」と言われ、待っていると笑顔でとりあえず1万円を返してくれました。そして勤務時間が終わり、更衣室に行き返ってきた一万円札をしまおうと財布を開くと、バイトに来る前に下ろしたはずの一万円札が…ない!!

え!?なんで!?と思いつつも覚えていることが1つ。バイトに来る前にATMで下ろした一万円札はとてもたくさん折り目が付いていました。そのお札がでてきた瞬間「えーこんなボロいお札がATMから出てくるなんて初めてだー」と思っていました。

そしてその三万円を貸した同期の子が返してくれた一万円札は同じようにたくさん折り目がついていました。そのとき確信しました。

「私の財布から取ってる。。」

本人に「一万円札がなくなったんだ、何か知らない?」と尋ねると勿論「知らない」と。

しかし証拠も何もなく、店長に相談してもどうすることもできませんでした。その日からバイトに行くときはお金は必要最低限しか持たないようにしました。

そして残りの二万円もなかなか返してもらえず、店長から言ってもらい半年経ってやっと返ってきました。

この事件からこの同期の子とは関わらないようにし、お金の貸し借りはやめました。

一万円札イラスト